介護者サロン熊谷ほっとたいむ - トピック返信
Re: 介護者サロン熊谷ほっとたいむの歩み
【返信元】 介護者サロン熊谷ほっとたいむの歩み
2016年01月12日 09:49
介護は準備のできていないまま、いきなり始まることが多いものです。
誰もが頑張って介護に取り組みますが、予想以上の精神力が必要です。
そして、介護にどっぷりはまってしまうほど、視野がせまくなり、考え方に
客観性がなくなることがあります。人は集中するほど、見つめたものしか
見えなくなります。そしてそれが拡大してしまいます。その中で負の連鎖に
巻き込まれてしまう場合もあります。私にもそんな時期がありました。
介護は、文章にしたり、誰かと話しをしたり、吐き出すことで、表現に
なります。表現には、自分以外の視点も必要ですから。その結果「どっぷり」
から抜け出せることもあります。私は、このあつcomのコミュ、介護の輪に
書き込むことで、気持を表現するようになり、自分の気持を冷静に振り返る
ことができるようになった気がします。
介護のあり方は様々です。介護する方もされる方も家庭の状況も様々ですが、
介護の孤独が負の連鎖を招きやすいのは確かです。私は7年半の介護生活
でしたが、介護が終わった今も介護について考えています。介護はそれほど
難しい精神労働でした。私は今も介護者サロン熊谷ほっとたいむに介護経験
者として参加しています。介護は、経験してみないとわからないと言います。
予想以上なのは、自分の気持の変化や、そのコントロール。介護される側の
心の変化です。私は介護の専門家や経験者と話す事が大きな力になりました。
介護で行き詰まることがありましたら、介護者サロン熊谷ほっとたいむに
お気軽にご参加下さい。お待ちしています。何かが変化するかも知れません。

書き込みツリー表示
介護者サロン熊谷ほっとたいむの歩み - 16/01/10 23:17 (としちゃん)