滑川町地域安全マップ社会実験 - トピック返信
新着返信
返信がありません
QRコード
【参考】第2回「犯罪からの子どもの安全」シンポジウム
2009年02月10日 16:02
◆◇「犯罪からの子どもの安全」メールマガジン 臨時号 ◇◆
2009年2月9日号 

【イベント開催のお知らせ】

第2回「犯罪からの子どもの安全」シンポジウム 
被害実態をつかむ ― 子どもたちの叫びが聞こえますか ―

===================================


このメールマガジンでは、(独)科学技術振興機構 社会技術研究開発センター
(以下、RISTEX)「犯罪からの子どもの安全」研究開発領域が領域の活動報告を
はじめ、各種イベント案内、国の取組み、問題に取組む人々の紹介など、
犯罪からの子どもの安全に関する様々な情報を毎月一回程度配信しております。

次回から配信を希望されない方、登録情報を変更したい方は、末尾をご参照
下さい。

---------------------------------------------------------------------

皆さんにお知らせです。

このたび、「犯罪からの子どもの安全」研究開発領域では、シンポジウムを
開催することとなりました!

メルマガをご覧いただいている皆さんには、臨時号でいち早くご案内します。
周囲にご興味・ご関心のある方がいらっしゃいましたら、どんどん転送して
いただき、関連WEBサイト等での紹介をぜひお願いいたします。

当領域では、現在8つのプロジェクトが進行中で、今回のシンポジウムでは
「子どもの犯罪被害の実態把握」をテーマに4名のプロジェクト代表者による
講演・パネルディスカッションを実施します。また、全8プロジェクトの
実施者によるポスターセッションも行う予定です。

研究開発プロジェクトの公募は平成21年度が最後になる予定であり、現在
進行中のプロジェクトを参考にして、どんな分野に残された課題があるかと
考えていただく良い機会にもなると思っています。

皆さんのご参加を心よりお待ちしています!

◇◆◇―――――――――――――――――――――――――――――◆◇◆

第2回「犯罪からの子どもの安全」シンポジウム
被害実態をつかむ ― 子どもたちの叫びが聞こえますか ―

◇◆◇―――――――――――――――――――――――――――――◆◇◆


日時:2009年3月10日(火)10:00~17:30
会場:東京大学生産技術研究所 An棟2階 コンベンションホール
参加費:無料
定員:250名
主催:(独)科学技術振興機構 社会技術研究開発センター

お申込はこちら → http://www.ilcc.com/kodomo_sympo/index.html

---------------------------------------------------------------------
【開催趣旨】

社会技術研究開発事業「犯罪からの子どもの安全」研究開発領域では、
防犯対策が効果的で持続的な取り組みとなるよう、関与者のネットワーク
づくりと、公募型の研究開発プログラムを推進しています。

本シンポジウムでは、犯罪からの子どもの安全を考える上で基礎となる、
「子どもの犯罪被害の実態把握」をテーマに、警察、医療、司法、情報空間
など、異なる視点・角度からこの問題について考えていきます。
また、これまでに採択した8つの研究開発プロジェクトによるポスター
発表を行い、参加者の皆様と直接対話する場を設けました。

多くの方々のご参加をお待ちしています。


【プログラム】

10:00~10:15 イントロダクション
◇ 開会挨拶・領域の紹介
片山 恒雄 領域総括 / 東京電機大学未来科学部 教授


10:15~11:45 講演
◇ 子どもの被害・ヒヤリハット ― 危険を測る「ものさし」をつくる ―
原田 豊 科学警察研究所犯罪行動科学部 部長

◇ 子どもの傷痕から犯罪を見抜く ― 医学と工学からのアプローチ ―
山中 龍宏 (独)産業技術総合研究所CIPEC 代表 /
緑園こどもクリニック 院長


11:45~14:00 来場者との対話・昼食休憩
◇ ポスターセッション : 8研究開発プロジェクト
◇ 平成21年度公募相談 : 社会技術研究開発センター


14:00~15:30 講演
◇ 子どもたちの証言 ― 事実を聴き出す面接法 ―
仲 真紀子 北海道大学大学院文学研究科 教授

◇ 危ないネット遊びの実態 ― ネットいじめの特徴と対策のあり方 ―
下田 博次 NPO法人青少年メディア研究協会 理事長


15:30~15:50 コーヒーブレイク


15:50~17:10 パネルディスカッション
◇ 具体的解決策に向けて ― 現状を知ることから始めよう ―
コーディネーター: 新谷 珠恵 (社)東京都小学校PTA協議会 会長
パ ネ リ ス ト : 下田 博次、仲 真紀子、原田 豊、山中 龍宏


17:10~17:30  
◇ 次年度公募に向けたメッセージ・ 閉会挨拶


---------------------------------------------------------------------

【参加登録に関するお問い合わせ】

(株)ILCC内「犯罪からの子どもの安全」シンポジム参加登録事務局
TEL:03-5562-3677 / FAX:03-5562-3666
E-mail:kodomo_sympo@ilcc.com



*********************************************************************

「犯罪からの子どもの安全メールマガジン」

▼メールマガジンに関する各種変更、配信登録・解除はこちら
http://www.jst.go.jp/melmaga.html
▼ご意見・ご感想、お問い合せはこちら
c-info@anzen-kodomo.jp

■発行日 2009年2月9日
■発行元 
(独)科学技術振興機構 社会技術研究開発センター
「犯罪からの子どもの安全」研究開発領域
領域WEBサイト http://www.anzen-kodomo.jp/
社会技術研究開発センターWEBサイト http://www.ristex.jp/

*********************************************************************

書き込みツリー表示