介護の輪の「介護の理想」
「介護の理想」の書込一覧です。
介護の理想
【閲覧数】104,614
2008年05月14日 11:57
人が壊れてゆくのを見るのは辛いです。
まして、肉親ですからなおさらです。我が身の未来を見るようです。
殿も最近は「ちくしょう」とか「アーアーー」とか辛そうな表情を
見せることが多くなりました。おじちゃんも辛いです。
イライラするのは、何の役にも立たないとはわかっていても、
殿もおじちゃんも、ときどきイライラのエネルギーが湧いてきます。
悟った人は、イライラすることはないのでしょうか。
介護には、人間の様々な矛盾が凝縮しているように感じます。
人類が、介護の理想を実現できるようなら、すべての矛盾は
越えてゆけるような気もしますが、難しそうです。
理想から見れば、すべての人は認知症のようなものかも知れません。
今朝も失敗しました。気を取り直し、何度でもやり直しましょう。
どんな時も、うひょひょと笑いながら、全力で今を楽しみたいです。

書き込み数は618件です。 [ 1 ... 27 28 29 30 31 ]
[ 日付順 ] [ 投稿者順 ]
Re[2]: 安心の提供
【返信元】 Re: 安心の提供
2008年07月02日 10:15
>私は、仕事で社会保険を扱っていますが、本当に複雑で構造がよく見えないんです。

専門家のこの言葉に希望を感じます。
保険制度は、共生の理想を一つの形にしたものですが、実際には現場の人に救われることも多いだろうと思います。
おじちゃんの弟は、リストラを言い渡すような仕事をしていましたが、子どもの成長を機に、喜びを感じないという職場をやめ、介護現場の底辺に転職しました。
心の折れそうな時期を乗越え、健康的な体型になりました。仕事の大変さを感じます。
「あんたがいるからここに来てるんだよ」という言葉に励まされ、生活を切り詰めて頑張っています。
弟は、50代の半ば、この年齢が役立つと言っています。

直感ですが、制度上、ケアマネさんの果たす役割は大きいと思います。どんなことでもそうですが、利害を超えて活動する情熱と誇りが、善良な人々に希望を与えてくれます。
Re: 安心の提供
【返信元】 安心の提供
2008年07月01日 23:31
としちゃん♪、くまえもんさん、おじちゃん(さん?)
ありがとうございます。
私は、一人ひとりに様々な選択できる老いや生活があってほしいと思います。
そして、家族にも。
そのためには、どうしたらいいのでしょうか。
一緒に考えさせてください。

ただ漠然と、何とかなる?
いつまで続くんだろう?
いろいろサービスがある?…確かに。
でも、仕事や近所のつながりは途切れていく。
誰か病院に連れて行ってくれる?仕事休まなきゃ。
様々な施設を利用したい、でもいっぱい。
疲れた。でもお金が払えない。
介護する世代は、子どもにも一番お金がかかる時期にさしかかっている。

そして、

介護の現場は、人の出入りが多い。
神経を病んでしまった若い介護福祉士。
生活していくのが精一杯の給料。
(夜勤などもあるけど、医療関係とはまた別。)
でも、家族や利用者の笑顔を励みに頑張っている。

介護の全てがみんなそうだとは思いませんが…、
聞こえてきます。

>保険は、現実的な安心の提供がテーマですね。

本当にそう思います。また、教えてください。



安心の提供
【返信元】 Re: 介護
2008年07月01日 11:56
確かに個人の理解を超えるような複雑な社会です。
庶民は医者の説明を信じるしかない患者のようです。
本当の賢い消費者になるのは至難の時代ですね。
実際、介護もどうして良いかわからない場合が
多いです。最後は古典的に、殿と二人、平和な
気持ちで過ごせる方法を探します。
結局、良い制度とは、個人の都合にどれくらい
効率的に対応できるかということのようです。
これから介護度が上がれば、特養に入ることも
考えられます。県のHPで調べたら順番待ちが
多いのに驚きました。介護も賢く戦わなければ
ならないようです。
体験しなければわからないのは自分の気持ちで、
その他は、ほぼ想像できる範囲のことでした。
当然ですが、保険は現実的な安心の提供が
テーマですね。
Re[2]: 殿
【返信元】 Re: 殿
2008年06月30日 09:37
デイサービスなど携わると 介護に携わると もありますが、人にはコミュニケーションが必要だなと凄く感じます。
私の担当に残留中国人 今は残留邦人と言いますが、日本語が片言 もしくは残留邦人である人の夫ということで、日本に来ているので、まったくといっていいほど 日本語が通じません。しかし こんな人がデイサービスへ行くと なんとかなるんですね。それも徐々にいい表情を見せてくる。
残留邦人の方を支援している通訳の方も 「来日以来一番いい顔をしている」などと言ってもらっています。
デイを利用する前は、異国・異文化・しゃべれるのは家族だけといった閉塞感を持っていたのだと思います。
”人と触れる””人を知る””人に知られる”
人間生活を営む上での大事なアイテムに思えます。
是非、デイサービスや地域とのコミュニケーションを積極的に利用してみてください。
Re[3]: 殿
【返信元】 Re[2]: 殿
2008年06月30日 09:25
車いすの貸し出しは 社協などでも利用できると思います。期限の限定などがあるかもしれませんが
としちゃんの従兄弟さんの状況がわかりませんが、障害手帳なりの交付を受けていれば、車いすの購入も視野に入れることができると思います。
できるだけ外出の機会を作れるような工夫を考えて行きたいですね。
Re[2]: 殿
【返信元】 Re: 殿
2008年06月30日 09:07

> 従姉からの 情報ですが 家の中では 車椅子は 必要なくても 出かける時に あれば! なんて 思うときが あると思います。
> そんな時は これは 深谷市ですが 市役所で借りることが できるそうです。
> 熊谷は どうなのか 分かりませんが もし あるのであれば 利用されて どんどん 外のいい空気を 吸わせてあげるのも いいのではと 思いました。
>

 熊谷市でも、車椅子は所有しているので、借りられるはずですよ!
 1階にある障害福祉課が担当です。
Re: 殿
【返信元】 殿
2008年06月30日 00:26
おじちゃんや笑蔵さんの お話をきいていると、まさに 今 88歳の 5分前のことも 忘れてしまう 伯母の介護をしている 従姉達の 気持ちそのものなんだなと 感じました。

伯母は いつも 笑っています。従姉たちも お母さんは 明るいボケだからと 笑って いろいろなところに 連れ出しています。
伯母に とって、末っ子の私は いつまでも 小さい存在らしく、会うたびに 「へ~~ とし!こんなに 大きくなったン」と 驚いたように 話します。

従姉からの 情報ですが 家の中では 車椅子は 必要なくても 出かける時に あれば! なんて 思うときが あると思います。
そんな時は これは 深谷市ですが 市役所で借りることが できるそうです。
熊谷は どうなのか 分かりませんが もし あるのであれば 利用されて どんどん 外のいい空気を 吸わせてあげるのも いいのではと 思いました。
小さなことかも しれませんが 介護をしている人が 少しでも 楽になれると いいですね。
Re: 笑蔵さ〜ん
【返信元】 笑蔵さ〜ん
2008年06月29日 21:58
いいですねぇ。
親が、そんな風にならなかったら、親は権威の象徴みたいなものでしかなかったかも?
お互いが、子ども同士になっちゃえばいいんですね。
限りある時間、たっぷり楽しんでください。
Re: 介護
【返信元】 介護の理想
2008年06月29日 20:04
私は、仕事で社会保険を扱っていますが、
本当に複雑で構造がよく見えないんです。

「介護は体験しなければわからない。」

よろしかったら、

制度として、どんなところが変わったらいいのか?

どんな支援があったらいいのか?

教えていただけないでしょうか。

笑蔵さ〜ん
【返信元】 Re: 殿
2008年06月29日 19:57
心配だけの時を過ぎ、今は悲しくも楽しい時です。
今までにない父との関係ができています。
その昔父が私を可愛がったのと逆の関係です。
一緒の布団に潜り込み、たわいのない昔話などを
するのが殿は大好きです。良く笑います。
介護には新しい発見がありますね。
Re: 殿
【返信元】 殿
2008年06月29日 19:04
私も、亡き母のボケた返事を楽しんでいたように思います。
表現を変えれば、確かに最高の「ペット」かも知れません。

デイサービスに喜んで行ってくれるのはいいですね。
母は、いつも「頭が痛い」と言って行きたがらなかったですよ。
でも、デイに行けば、そこでは楽しく過ごしていたようです。本人は、他の人のボランティアするつもりで行ってましたから。
殿
【返信元】 介護の理想
2008年06月29日 13:43
最近、心の中は殿が中心の生活です。
殿は弱い存在です。小さな子どものように
めんどうを見ないといけません。
すごく素直で、良く笑い、昔から思うと
信じられないほど可愛くなりました。

これは子でないと絶対言えないことですが、
冗談を理解するペットだと思えば最高のペットです。
良く笑うし、感謝の言葉すら話します。
でも、未来に大きな希望はありません。

何も表現できなくなった時が本当の介護の
始まりなのかも知れません。
介護保険
【返信元】 介護の理想
2008年06月28日 23:29
優しさは余裕のある者の遊びかも知れないなどと思うこともあります。
長く植物状態の家族の介護は、個人的な優しさだけでは
充分ではなさそうです。
また、自分の夢や希望に生きる人には介護は難しいでしょう。
殿から様々な満足を貰っている今からそんなことを感じます。
ちょっと以前には、この難しい役目は、社会が強制的に
嫁にやらせることが多かったわけです。
介護の社会化、ビジネス化は、時代の要求としては根拠のあることです。
介護保険のデイサービスを週1回利用している殿が
デイから帰ると二人とも優しい気持ちになります。
デイには行かないと言っていた殿が、今では楽しみにしています。
さすが、ヘルパーさんや職員は、プロフェッショナルです。
介護を通じ、人間の不思議を改めて感じることが多くなりました。
殿は時間をかけ、少しずつおじちゃんに覚悟を教えてくれます。
Re: 我が殿
【返信元】 我が殿
2008年06月28日 10:39
おじちゃんさん♪
殿のこと、いっぱい 書き込んでください。

まだ、介護の経験のない 私にも いっぱい 考えさせてください。

そのなかで 私が これから どうしたらいいのか、なにが できるのか 考えていきたいと 思います。

今は おじちゃんを 応援したい気持ちで いっぱいです。
我が殿
【返信元】 介護の理想
2008年06月28日 10:24
昨日の殿は絶不調でした。真夜中に一人でお祭りを始めました。異様な音で目を覚ますと殿が蚊の鳴くような声で歌を歌っています。小さな手拍子です
ハナはキリシマ〜タバコはコク〜ブ〜…ヨイヨイヨイヤサ
「殿何でござるか」「今日は行田のお祭りだよ」しかたないので、一緒にお祭りを楽しみました。朝は、27歳の孫が4歳になって家の中を歩いています。足もフラフラです。ヤベーと思ったら、今日は普通に戻りました。お祭りもないし、いつのもの公園までスイスイ歩きます。途中で知り合いを見つけるとで手を振ってご挨拶。
「殿、今日は良い仕事してますね。ほら笑ってますよ。人を笑わすのは素晴らしい仕事ですね。親子でバカになりましょうね」
殿「うひょひょ」殿が中心のおじちゃんは、少しヤバイかも知れません。
Re: 尊厳
【返信元】 尊厳
2008年05月15日 09:09
たいへん がんばって おられるようで
感心しています。
「介護は辛いことばかりではないんですね」

”はっ!!”とされています。
寄り添う介護
その人らしさ 受け入れる
でも 自分の生活もある・・・

先が見えないのも
介護が大変である 一端です。

無理せず 楽しく がんばってください。
尊厳
【返信元】 Re: 介護
2008年05月14日 21:14
介護をされる側も、する側も尊厳がありますが、
それが過ぎると難しい問題が出てきますね。
父は元気な頃から、明るく楽天的な性格でしたので、
「バカになっても恐くはねえ」などと言えるのです。
30秒前のことを忘れても「お前に聞けばいいから
問題ねえ」という具合です。理想的な介護老人です。
弱った自分を見せることも嫌がりません。
子どものように素直で、ちょうど良いボケと、
フラフラ歩きで人の優しさを引き出します。
父はかなり良い仕事をしています。おほほ
今のところ何も問題はありません。
たぶん、問題はこれからでしょう。
ピンチになったら愚痴を聞いて下さい。
Re: 介護
【返信元】 介護の理想
2008年05月14日 16:46
介護度4~3 の状態で二人暮らしでは、心配も尽きませんね。
介護保険では、自立支援という目標とともに
「尊厳」という 大きな柱があります。
どんな状態になっても
社会に必要とされる なんらかわりない
大事な人であることを
みんなが自覚し、相対する。

なにか できなくなると とかく 厄介者や邪魔者扱いされてしまうことが少なくありません。
その人らしく そのひとなりの 人生の終末を迎え
最後に
「生まれてきてよかった。」
「お前と暮らせてよかった」と
思ってくれる
そんな 生活を 頑張ってください。
お力になれること アドバイスできることなどあれば 幸いです。
[ 1 ... 27 28 29 30 31 ]