介護の輪の「介護の理想」
「介護の理想」の書込一覧です。
介護の理想
【閲覧数】103,059
2008年05月14日 11:57
人が壊れてゆくのを見るのは辛いです。
まして、肉親ですからなおさらです。我が身の未来を見るようです。
殿も最近は「ちくしょう」とか「アーアーー」とか辛そうな表情を
見せることが多くなりました。おじちゃんも辛いです。
イライラするのは、何の役にも立たないとはわかっていても、
殿もおじちゃんも、ときどきイライラのエネルギーが湧いてきます。
悟った人は、イライラすることはないのでしょうか。
介護には、人間の様々な矛盾が凝縮しているように感じます。
人類が、介護の理想を実現できるようなら、すべての矛盾は
越えてゆけるような気もしますが、難しそうです。
理想から見れば、すべての人は認知症のようなものかも知れません。
今朝も失敗しました。気を取り直し、何度でもやり直しましょう。
どんな時も、うひょひょと笑いながら、全力で今を楽しみたいです。

書き込み数は613件です。 [ 1 ... 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ... 31 ]
[ 日付順 ] [ 投稿者順 ]
車椅子
【返信元】 介護の理想
2012年07月23日 18:19
長く利用していた車椅子を変えようと思います。
最近、殿は首が座らず、頭を後ろに倒したままになることが増えてきました。
そこで、頭を支えることのでききるリクライニング車椅子にしようと思います。
現在、殿のリハビリは、足の拘縮が進まないようにすることだけです。
少しずつ体も頭も衰え、誰かが世話をしないと数日しか生きられないでしょう。
介護本番です。
認知症の優等生
【返信元】 殿の誕生日
2012年07月16日 18:40
殿の認知症はかなり重くなりました。それでも殿は認知症の優等生だと感じます。
実際、食事などもかなり難しくなりましたが、何とか時間をかければ食べてくれますし、
大声で騒ぎ、介護抵抗もありますが、物を投げたり噛みついたりの暴力はありません。
おじちゃんが何とか介護を続けられるのは、殿が認知症の優等生だからと思います。
プロの介護士でも難しいような状態や、医療との境目になったら、おじちゃんには対応
できないでしょう。そうなると介護施設などのプロの出番ですが、中には未熟なプロもいる
でしょうし、金儲けが第一の経営者や保身だけの官僚、政治家もいるとは思いますが、
今まで助けられていますので、若干の問題はありますが、プロの力は信頼できると感じます。
まだまだ殿を少しでも幸せにすることがおじちゃんの仕事です。うひょひょ
殿の誕生日
【返信元】 介護の理想
2012年07月13日 09:44
「森川さ〜んおはようございます。今日は7月13日、何の日か知ってますか」何日も前から
殿の誕生日については盛り上げていましたが、殿は黙ってこちらを見ています。
殿には季節も月も関係ありませんが、最近まで自分の誕生日だけは覚えていました。
でも、今はそれもわかりません。「森川さん90歳の誕生日です。」
何はともあれおめでとうございます。「な、なんだ」ここからが殿の記憶リハビリなのですが、
今日の殿は13歳で、おじちゃんは殿のお父ちゃんになってしまいました」最近、おじちゃんは
殿のお父ちゃんになってしまうことが多くなりました。むしろその方が良いのかも知れないと
思う事もありますが、しつかりわかっていてほしい気持もあります。最後には何とか倅を認識
したようで「お父ちゃん」と猫撫で声で呼ぶと少しだけ嬉しそうです。
何はともあれ90年。 めでたし めでたし。卒寿のお祝いポスターを作り枕元に飾りました。
介護の力
【返信元】 介護の理想
2012年07月11日 09:25
くまえもんさん いつも励まされます。ありがとうございます。
介護にはややこしい面もありますが、結構単純な感情に支えられているような気もします。
早い話が誰かの役に立っているという充足感です。殿は現在一人では生きてゆけませんから、
殿の役に立っているという実感はあります。
昔から人生に意味を持たせてくれるのは、このお役に立っているという実感かも知れません。
そして、これが介護を支える力になると感じます。おじちゃんもいい仕事したいと思います。
Re: それでも人は生きてゆく
【返信元】 それでも人は生きてゆく
2012年07月10日 09:40
大変とか偉いとか では表せない二人だけの
介護の厳しさがあるのでしょう。
人が生きる事と死ぬ事は本当に大変ですよね。
おじちゃんが言っていた
「誇りある介護」
この哲学にも似た考えが、今の介護を支えている
だけなのでしょう。
誰も助けてくれないし、制度は何もしてくれていないのでしょう。
介護保険で言うところの「包括的地域ケア」
住み慣れた家で介護をする。走り出したばかりの政策ですが、まったく 恩恵は受けてませんよね。
まだまだ 在宅介護は家族に負担が大きくなり、その代償は「いい息子さんね」の賞賛だけですもの
一人ひとりの心の支えは「誇りある介護」と言った目に見えない精神論しかありません。
国の社会保障制度を決めている お偉いさんの「中央医療・介護審議協議会」のなんとか大学名誉教授のじじい達にこの現実は届いていません。
お互いの心のケアができるような 介護・福祉制度が確立しなければ、よりよい老後もなければ、よりよい社会保障はないですよ。
民主党の分裂より先に この家の現場を見て欲しいと思います。
それでも人は生きてゆく
【返信元】 ありがとうございます
2012年07月07日 10:04
殿の気持が良くわかりません。自分の気持もわかりません。
今までのようにわかり合うことが難しい介護になってきました。
殿は忘れます。叫びます。何だかわかんねえと言います。
おじちゃんは、頑張れと言います。森川さん頼むよと言います。
希望がなくても、あきらめに慣れても、ろくなもんじゃなくても
それでも人は生きてゆきます。考えれば、おじちゃんも殿と
同じようなものです。だから、これでいいのだ。
ありがとうございます
【返信元】 Re: 寝室を変えました
2012年07月02日 22:11
2時間かけて殿の夕食が終わりました。
「うめえうめえ」と言って食べてくれました。
今夜はてんぷらと即席ののハンバーグ。そして大根を小さく切って
挽肉と味噌で薄味に煮たものです。全て刻み食にします。
飲み物は殿の好きな牛乳で、くだものや生野菜はあまり食べないので、
薬と一緒にビタミンCを補給しました。
得意な料理はありませんが、殿の好きな味はわかっています。
一日3食の支度はけっこう大変ですが、殿の「うめえうめえ」は
気分が良いですわ。おほほ としちゃん いつもありがとうございます。
Re: 寝室を変えました
【返信元】 寝室を変えました
2012年07月02日 08:29
おじちゃん♪ 
昨日も 介護について お話していました。
睡眠はとても大切です。介護は 体力勝負のところが ありますからね!時には 割り切る事が 必要でしょうね^^
おじちゃんの お身体を 大切にしながら・・・「頑張り過ぎない介護」=理想の介護を 実践してください。

理想の介護は 介護される側だけでなく・・・介護者の健康
(心と体)が保たれる状況で なければ いけないんだなって 関われば関わるほど 思います。おじちゃんは その事を 教えて下さいました。
寝室を変えました
【返信元】 介護の理想
2012年07月01日 23:43
殿が訳もなく騒ぐことが多くなりました。
眠っている時は良いのですが、昼間寝ているので夜中に騒ぎます。
眠れないので、しかたなく殿から一番遠い部屋で眠ることにしました。
ちょっと心配なのですが、しかたありません。
これが頑張り過ぎないない介護ということかも知れません。
介護の哲学
【返信元】 介護の理想
2012年06月28日 11:31
介護は辛い事ばかりではありませんが、肉親の衰えを見ることはやはり辛いもので、様々な感情を経験します。
被害感、無力感、負担感、罪悪感、孤立感、怒り、悲しみ。沢山の矛盾した感情を同時に抱え、心は揺れ動きます。
殿は病気になって普通の仕事はできなくなりましたが、要介護者としては、良い仕事をしてきたと思います。
リハビリで道を歩き近所の子供達に老いを見せました。四度も散歩復帰して近所の仲間に希望も与えました。
人の優しさを引き出しました。ユーモアで人を笑わせました。おじちゃんに大切な毎日を教えてくれました。
今はできない事が多くなりましたが、時には笑顔も見せてくれます。
介護で様々なことを経験しましたが、介護者として一番嬉しい言葉は近所のお婆ちゃんの言葉でした。
沢山の苦労をし、淡々と畑の草をむしり、子を育て、土と共に立派に生きてきたお婆ちゃんです。
「息子さんが面倒見がいいからお爺ちゃんは幸せだね」介護者にはこれが一番の薬です。介護を責めることは
介護者を追いつめることにもなりかねません。完璧な介護なんて誰にもできないような気もします。
介護は、当人と介護者が置かれた状況によって様々です。介護の施設も介護職の方も様々です。
何人もの家族介護をした方は数多くいると思います。介護保険もなかった時代には今より大変だったと思います。
そんな事を考えることもなく過ごしてきましたが、高齢化が進む今後、誰にも起こりうることです。社会的介護や
親孝行のような言葉だけでは済まないでしょう。多くの人が共感できる新しい介護の哲学のようなものが必要
なのかも知れません。
ありがとうございます
【返信元】 Re: 認知症が進行しています
2012年06月20日 18:18
家での様子から、デイでの食事もかなり大変だろうと想像します。
それでも、食事はいつも全量になっています。
ヘルパーさんも頑張ってくれているのがわかります。
殿がくれたこの経験は貴重です。生かせる日が来るよう頑張ります。
くまえもんさん。いつもありがとうございます。
Re: 認知症が進行しています
【返信元】 認知症が進行しています
2012年06月20日 17:43
心の絆を深めていきましょう。
お互いが十分に意思疎通をしてきました。
今の会話はそうかもしれないけど
十分二人はしてきましたよね。
楽しい会話や楽しい思い出を しっかりと思い出し、
もう一度 刻み込む時期になってきたのではないでしょうか
認知症が進行しています
【返信元】 介護の理想
2012年06月19日 17:23
食事は全介助で、時間がかかるだけでなく、食べ方がヘタになりました。
水も吐き出し、食事用エプロンは、いつも水と食べ物でベトベトになります。
介護者の意図もなかなか伝わりません。大声で騒ぎ、入れ歯が何度も飛び出します。
車椅子には座れますが、ベットでは座っていられません。完全に要介護5の状態です。
このまま認知症が進んだ場合を想像すると暗い気持にもなります、
帯状疱疹も良くなっていますが。今ごろ痛みが出てきたようで、爪でひっかいて
血が出てしまいました。かわいそうですが、生き物の宿命です。
それでも、ベットに寝ている時には少しは会話も成り立ちます。
貴重な毎日です。希望を失うことなくできるだけ楽しく過ごしたいと思います。
殿の便秘
【返信元】 介護の理想
2012年06月17日 11:45
殿は散歩ができなくなってから、便秘気味になりました。
そうなるとトイレに座ることが重要で、そうしないと益々便秘がひどく
なってしまいます。そこで、食事の後には必ずトイレに座るようにしています。
殿は早くて30分、長ければ3時間も「まだ出る」と言ってトイレに居座ります。
しかたなくおじちゃんは外で用を足します。途中何度も様子を見に行き、
少しの間、立ってお尻を便座から離します。静脈血栓塞栓症が心配だからです。
デイやショートでは「排便あり」が極端に少ないことから、何時間もの
トイレ見守りは難しいのだろうと想像できます。
介護施設に入所した認知症の方はどうしているのでしょう。介護もビジネスとして
持続するには職員の数も限界があるでしょうし、トイレの数にも限りがあるでしょう。
下剤を使い、とにかく出すようにするしかないのかも知れません。それも大変でしょう。
介護は工夫です。画期的な発明のポータブルトイレを探しています。
介護職に転職した弟が言いました「あんちゃんは一人を見ればいいんだから楽だと
思った方がいい」深い意味を感じます。介護に限らず、問題は簡単に見えても、
解決するのは難しいものです。理想から見れば。おじちゃんも認知症のようなものですが、
殿と一緒に少しでも楽しい毎日を過ごせるよう工夫を続けています。
おはようございます
【返信元】 Re: 手すり
2012年06月13日 09:46
殿の帯状疱疹は順調に回復中です。あまり痛がらないので助かっています。
デイはお休みしていますが、16日には復帰できそうです。
おじちゃんの言う事を聞けなくなってきた殿の食事は時間がかかりますが、
いろいろ工夫して何とか食べさせています。ありがとうございます。
Re: 手すり
【返信元】 手すり
2012年06月12日 21:37
おじちゃん・・・殿の体調はいかがですか?帯状疱疹は 治りましたか・・・心配です。

私の家のおトイレも 狭いです・・・もし!介助が必要になっても 脇で支える事が 出来ません。

ほとんどのお宅が 抱える問題でしょうね。
手すり
【返信元】 介護の理想
2012年06月10日 09:36
業者から長い間借りていた移動式の手すりを返却し、ポータブルトイレ用の
手すりに換えました。移動式の手すりは、リハビリや掴まり立ち、移動にと
とても役に立ちました。介護用品は大きな助けです。紙オムツがその代表ですが、
介護用品の進歩はすごいと業者から聞いています。
現在、家の中は手すりだらけです。殿が長く歩くための大きな力になりました。
これからは自分のために残しておこうと思います。30年程前、家を増築するときに
トイレを広く作らなかったのは失敗でした、殿を見てきた弟は新築の際。トイレを
広く設計しました。家族みんなが元気な時に広いトイレは思いつかないものです。
殿不調
【返信元】 介護の理想
2012年06月09日 00:19
殿が不調です。食事も全介助になりました。ボーと座っているだけで、
声掛けも効果がありません。口は開けてくれますが、噛むのもめんどうなようです。
自分の足を上げることもできなくなり、短い間の掴まり立ちがやっとです。
リハビリで四回も散歩復帰した殿ですが、もう無理そうです。
ベットに寝かせ、拘縮した足のマッサージをしてやるくらいしかありません。
トイレも難しくなりましたので、以前に使っていたポータブルトイレの復活です。
体力が落ちたせいか、帯状疱疹も出てしまいました。
現在の介護用品を見直し、新しい介護体制を作り直すしかありません。介護本番です。
ツバメの巣立ち
【返信元】 食事介助
2012年05月31日 11:05
我が家の軒先で、4年間成功しなかったツバメの子育てが成功し、
今朝、四羽が巣離れしました。毎年カラスやスズメに卵やヒナがやられていました。
今年はおじちゃんと殿の大きな写真を巣の近くに貼っておいたのが成功したようです。
殿が食事中に見える場所です「ツバメの子みたいに大きな口を開けて食べるんだよ」
殿に何度も言いました。ツバメの子は元気に庭を飛んでいますが、殿はもう飛べません。
食事介助
【返信元】 介護の理想
2012年05月31日 10:53
殿の食事時間が短くなりません。途中で噛むのをやめてしまいます。
食事をしないのが一番困ります。でも、介助すれば食べますのでまだ安心です。
心配は足のむくみです。以前から夕方になるとむくんでいましたが、今では
朝からむくんでいます。足を高くして寝ても、あまり効果は見られません。
マッサージが最も効果的ですが、痛いと嫌がります。
今朝は食事が2時間、トイレも30分と最近では珍しく早く終わりましたので
殿は外に出て、庭を見ながら何やら一人で騒いでいます。
[ 1 ... 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ... 31 ]