【東日本大震災】 わたしたちが今できること(支援活動の見える化)の「2/2 自治体GISセミナーin埼玉2011のお知らせ」
「2/2 自治体GISセミナーin埼玉2011のお知らせ」の書込一覧です。
2/2 自治体GISセミナーin埼玉2011のお知らせ
【閲覧数】4,100
2011年12月24日 14:24
「東日本大震災でのGISの利活用状況報告とこれから」

概 要

趣旨:2011年3月11日に東日本大震災が起こり、宮城、岩手、茨城、そして千葉、東京などでも多くの被害がありました。今回の震災は歴史的に大規模な災害で、このような中、被害状況の把握、情報の共有などでGISが利用され、復興、復旧に向けた支援活動等にもGISの活躍が期待されています。
また、関東大震災の発生リスクが高まっており、埼玉県下においても今回のような大震災の発生に備えた様々な対策が必要とされています。
そこで、今回のセミナーでは、現在進行中のGISに関わる様々な活動内容や現時点で明らかになりつつある多くの課題について、今回の大震災に対応した国の機関、自治体関係者の方々からご報告をいただきます。

■開催日時:2012年2月2日(木) 13:00(受付開始)~17:00

■開催場所:埼玉会館 〒330-8518 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-1-4 電話:048-829-2471(代)

■主催:社団法人 日本測量協会

■共催:埼玉県GIS普及推進研究会、立正大学地球環境科学部オープンリサーチセンター

■後援:社団法人 埼玉県測量設計業協会、埼玉県測量設計組合

■参加費:無料(但し、事前登録制)

■第1部 講演(敬称略):司会 埼玉県GIS普及推進研究会 落合 司郎

13:30~14:00 防災分野におけるGISの活用と情報の共有化に向けて
内閣府(防災担当)地震・火山・大規模水害対策担当 大野 崇
東日本大震災発災後の国の活動内容と被災自治体等との連携内容など、GISのデータ整備、システム整備、今後の方向性など、教訓を含めて語って頂きます。

14:00~14:30 相馬市におけるGIS整備と大震災対応(仮)
福島県相馬市情報政策課 只野聡一
相馬市におけるシステム、データ整備の経験と大震災発生以降の復興場面におけるGISの利用と成果を語って頂きます。

14:30~15:00 県レベルの統合型GISの整備と実践
茨城県企画部情報政策課 会澤芙美子
茨城県では、県と市町村が共同でGISを構築、全国的な先進県として災害に備えたICT運用の実績を誇っております。その経験をと今後の方向性などについて語って頂きます。

15:00~15:20 大震災発生直後の測量、RS、GISの活動
(社)日本測量協会 平田更一
東日本大震災にて支援活動に当たった、測量、リモートセンシング・GISの活動を概観する。

15:20~15:40 コミュニティーのためのGISとGISコミュニティーの連携
埼玉県GIS普及推進研究会 後藤真太郎(立正大学)
東日本大震災では多くのGISユーザーがデータを作成しWeb上に公開された。埼玉県下における大震災を想定した時、自治体のBCPに備えたGISの役割は何かについて語って頂きます。 

15:40~15:55 休憩

■第2部 パネルデスカッション
15:55~16:45
「今後の大震災に備えた測量・地図・GISはどうあるべきか?そして官官協力、官民協力体制の事前準備をどう進めるか?」

司会:立正大学教授 後藤真太郎
パネリスト:大野 崇・只野聡一・会澤芙美子・平田更一
 2011年3月11日に東日本大震災が起こり、宮城、岩手、茨城、そして千葉、東京などでも多くの被害がありました。今回の震災は歴史的に大規模な災害で、このような中、被害状況の把握、情報の共有などでGISが利用され、復興、復旧に向けた支援活動等にもGISの活躍が期待されています。
また、関東大震災の発生リスクが高まっており、埼玉県下においても今回のような大震災の発生に備えた様々な対策が必要とされています。
そこで、今回のセミナーでは、現在進行中のGISに関わる様々な活動内容や現時点で明らかになりつつある多くの課題について、今回の大震災に対応した国の機関、自治体関係者の方々からご報告をいただきます。

■参加費:無料(但し、事前登録制)

■定員:80名(先着順 定員に達し次第締め切り)

■申し申込方法:添付の「参加申込書」にて郵送またはFAX
埼玉県GIS普及推進研究会 〒360-0194 熊谷市万吉1700 立正大学地球環境科学部環境システム学科 環境管理・情報コース 後藤研究室内、Tel:048-539-1653
Fax:048-539-1653、
Mail: sochiai■d08.itscom.net(■を@に換えて下さい)

■申込締切:平成24年1月30日(月)必着

■問い合わせ先:社団法人 日本測量協会 GIS研究所
TEL:(03)3579-6817

■その他:測量CPD対象プログラム

Faxでの申し込みはチラシ↓の最後の頁にある申込書をご利用下さい。

http://www.jsurvey.jp/7-2.files/gis240202.pdf

書き込み数は5件です。
[ 日付順 ] [ 投稿者順 ]
Re: 2/2 自治体GISセミナーin埼玉2011のお知らせ
【返信元】 2/2 自治体GISセミナーin埼玉2011のお知らせ
2012年01月28日 21:56
レスキューナウにもアップし参加者募集しております。

ご関係の方にもお伝えいただけますとうれしいです。

http://www.rescuenow.net/2012/01/gisin2011gis.html
Re: 2/2 自治体GISセミナーin埼玉2011のお知らせ
【返信元】 2/2 自治体GISセミナーin埼玉2011のお知らせ
2012年01月28日 11:16
内閣府の「防災情報システム」には色んな意見がありますが、22年度から地方自治体へ情報提供できるような国民へサービス提供を始めるとのことです。まあ、この種のセミナーで内閣府がシステムの紹介をするということは全く稀有なことです。ご期待下さい。
Re: 2/2 自治体GISセミナーin埼玉2011のお知らせ
【返信元】 2/2 自治体GISセミナーin埼玉2011のお知らせ
2012年01月28日 11:16
茨城県の県版統合型GISは、徹底的な行政情報化戦略にのって構築されたものというのが売りです。航測も県で統括しているようです。そのために、職員も非常に情報処理の教育を受けたということです。

その影響を受け、茨城県下の自治体は窓口へ行くと分かるのですがOneStopServiceを実施している団体が多く、住民票を登録に行くと、一箇所で集中的に処理できるようにシステムが改良されており、従来型の役所のような窓口のタライ回しされないような仕組みで、住民には好評のようです。

市町村の自治体の統合型GISを見学に行くと、地図を尋ねる市民には窓口が固定ではなく手のすいている職員誰もが対応するように、良くシステム研修が行き届いているという職員教育も平行して行われているとのことです。
Re: 2/2 自治体GISセミナーin埼玉2011のお知らせ
【返信元】 2/2 自治体GISセミナーin埼玉2011のお知らせ
2011年12月27日 18:38
チラシを添付しました。
Re: 2/2 自治体GISセミナーin埼玉2011のお知らせ
【返信元】 2/2 自治体GISセミナーin埼玉2011のお知らせ
2011年12月27日 16:58
最終Vr.に修正しました。