【東日本大震災】 わたしたちが今できること(支援活動の見える化)の「7/3 シンポジュウム 復興まちづくりに取り組む被災地と、求められる支援とは」
「7/3 シンポジュウム 復興まちづくりに取り組む被災地と、求められる支援とは」の書込一覧です。
新着返信
返信がありません
QRコード
7/3 シンポジュウム 復興まちづくりに取り組む被災地と、求められる支援とは
【閲覧数】1,192
2012年07月01日 13:30
KK2ラ イブセミナー

平成24年度霞が関ナレッジスクエア(KK2)”復興まちづくり“シンポジウム
復興まちづくりに取り組む被災地と、求められる行政、企業、NPOの支援とは

【日時】 7 月3日(火) 14:45~19:30(受付開始14:15)
【会場】  KK2スタジオ・インターネットライブ配信
【参加費】   [プログラム] 無料 [交流会]  無料
3.11発災以降、救助、災害支援、復興支援、コミュニティ再生へと復興の状況は変化してきました。これからは、住民や自 治会が主体的にコミュニティを再生し、地域再生に取り組み、行政、企業、NPO、ボランティアがこれを後押しする必要があります。 本企画では、復興庁統括官より復興庁の役割、支援の内容をお聴きします。大船渡市末崎地区公民館と陸前高田市長洞元気村からはソーシャルプロデューサーを お招きし、復興の現状、復興計画の概要をお聴きし、地域の課題をお聴きします。NPO代表者からは二地域での取り組みと経緯と今後の後押しについてお聴き します。まとめとしては、コミュニティ再生に向けた行政、企業、NPO、ボランティアの後押しについて建設的な意見交換を行います。

講師予定者
 復興庁 統括官 岡本 全勝 氏
 大船渡市末崎地区公民館(ふるさとセンター)館長 近藤 均 氏
 陸前高田市長洞元気村 事務局長 村上 誠二 氏
 (特)NPO事業サポートセンター専務理事 池本 修悟

返信書き込みはありません。