介護者サロン熊谷ほっとたいむの「介護者サロン熊谷ほっとたいむの歩み」
「介護者サロン熊谷ほっとたいむの歩み」の書込一覧です。
介護者サロン熊谷ほっとたいむの歩み
【閲覧数】2,624
2016年01月10日 23:17
平成23年 熊谷市にも、介護者の方が集える場所^^心を少しでも軽くできる場所をつくりたい。力になりたい。そんな想いを持つ、介護業界関係者・民生委員・地域活動をしている人達で立ち上げました。


開催日を、2ヶ月に一回!奇数月の第二土曜日に決定する。

同年9月 第一回「介護者サロン熊谷ほっとたいむ」開催

24年度は、熊谷市の市民協同事業「熊谷の力
」として、立正大学にて、6月と10月に
「介護者支援セミナー」開催

25年年明け第一回サロンにて、「落語鑑賞会」開催

年明け第一回目に、毎年「落語鑑賞会」開催決定

以降少しずつ、認知度を高め活動を続けています。

書き込み数は20件です。
[ 日付順 ] [ 投稿者順 ]
Re[2]: 11月12日土曜日介護者サロン熊谷ほっとたいむ開催日です。
【返信元】 Re: 11月12日土曜日介護者サロン熊谷ほっとたいむ開催日です。
2016年11月12日 08:37
おはようございます。
朝から、気持ちのいいお天気に恵まれました^^
介護は、雨の日が沢山あります。それでも、サロンでお話ししていただくことで・・・また、同じ介護者の方と共感共鳴することで、雨から曇 曇から今日のお天気のように、少しでも晴れ晴れとした気持ちになってくださったら嬉しいですね^^
今日も、宜しくお願いしますm(__)m
Re: 11月12日土曜日介護者サロン熊谷ほっとたいむ開催日です。
【返信元】 11月12日土曜日介護者サロン熊谷ほっとたいむ開催日です。
2016年11月09日 11:17
としちゃん こんにちは
認知症介護は難しいものです。真摯に相手の話を聴いてみるしかありません。
良いとか悪いとかの判断はせず、相手から伝わってくる全てから判断する。
これは、普通の生活の中では誰もがしていることですが、肉親の介護では、
とても難しいことを私も経験しました。
肉親として長い時間を掛けて育んだ過去のルールが通用しなくなる介護です。
誰でも混乱するのは当然かも知れません。柔軟に変ってゆくしかないことは
わかっていても、互いの心を傷つけあってしまうことさえあるのです。
介護される立場になることへの不安も、介護世代に広がっていると感じます。
介護の中にも幸せがあることを私は経験しました。少しでもそれを感じて
介護してゆくにはどうしたら良いのか、良い被介護者になるにはどうしたら
良いのか、みんなで考えてゆきたいですね。
11月12日土曜日介護者サロン熊谷ほっとたいむ開催日です。
【返信元】 介護者サロン熊谷ほっとたいむの歩み
2016年11月07日 21:55
早いもので、11月、朝晩も冷え込み そろそろ冬支度の準備をしなくてはですね。 

空気も乾燥し風邪も流行り出す季節、皆様気をつけて下さいね。
9月10日土曜日開催!介護者サロン♪
【返信元】 介護者サロン熊谷ほっとたいむの歩み
2016年09月11日 21:59
昨日は、「介護者サロン熊谷ほっとたいむ」の開催日でした。

参加された方から、スタッフに心暖まるお手紙や葉書を頂戴し、喜びに満ちるなか・・・
午前午後と、はじめての方や久しぶりに参加された方などと、皆で話が盛り上がりました。

あっという間に、時間が過ぎてしまった感じです。

多くの方に、介護者サロンを認知していただくことで、「今は行けない・・・それでも、介護者サロンがある!」と、心の支えになれたらと思います。

改めて、介護者サロン熊谷ほっとたいむを掲載してくださった、ピーアイピー様、素敵な記事を書いてくれた、大久保由美子様、ありがとうございました。

次回の開催は、11月12日土曜日です。
皆様のお越しをお待ちしております。
NAOZANE(熊谷地域みっちゃく生活情報誌)
【返信元】 介護者サロン熊谷ほっとたいむの歩み
2016年09月09日 21:05
前日になってしまいましたが、明日は、サロンの開催日です。

皆様のお越しをお待ちしております。

タイトルですが!
株式会社ピーアイピーさん発行の情報誌に、介護者サロン熊谷ほっとたいむを、掲載していただきました。

ご覧ください。
7月16日土曜日!介護者サロンのあとで。
【返信元】 Re: 7月開催日は、第3土曜日です。
2016年07月23日 23:04
今回、第3土曜日の開催で、市報にも掲載できなかったために、はじめての方は参加されませんでした。

そんな中、久しぶりに参加頂いた方のお顔は、晴れ晴れとしていました。

介護は吹っ切ることも大切です。
吹っ切ることで、介護する側される側のより良い関係が生まれることもあります。

介護者が、自分の時間を持ち、ストレスを発散することで!優しい介護が出来るのでしょう。

また、介護離職が、騒がれていますが!
老老介護・中中介護・親子介護・・・一人で介護しなくてはならない人が、これから益々増えるなかで、介護者が体調を崩した時、どうしたらいいのか・・・誰を頼ればいいのか・・・など、介護者のニーズに、あわせた支援に、繋げる体制を整えることが必要なのかなと。


そんな中、いくつかの施設の方々が、毎回参加してくださるようになり、とても有りがたく思っています。


次回の開催日は!9月11日(土)です。

お待ちしております。
Re: 7月開催日は、第3土曜日です。
【返信元】 7月開催日は、第3土曜日です。
2016年07月01日 20:34
はい‼ としちゃん、了解しました。
介護のお仕事。そしてお母さんの介護。お疲れ様です。
介護現場では、様々なことが起こります。それでも明るく前向きに頑張るとしちゃんです。
私の方にも色々なことが起こります。辛いことはどこにでもありますが、それに負けてしまう
わけにはゆきませんね。今の自分にもできることがあるということを感謝し、生きている限り、
幸せの修行を続けてゆくしかありませんね。おほほ
7月開催日は、第3土曜日です。
【返信元】 介護者サロン熊谷ほっとたいむの歩み
2016年07月01日 12:38
早いもので、今日から7月です。あっという間に、半年が過ぎてしまいました。

ジメジメした天気が続き、体調不良になりやすい季節ですが、皆様お身体に気を付けてお過ごし下さいね^^

さて、今月の介護者サロン熊谷ほっとたいむですか、毎回!第2土曜日に開催しているのですが、参議院選挙の関係で会場が使用できないために、第3土曜日に変更となりました。

7月16日土曜日 10時~3時までとなっておりますので、宜しくお願いします。

会場は 市役所隣中央公園内緑化センターです。

皆様のお越しを、お待ちしております。
Re: お世話になりました
【返信元】 お世話になりました
2016年07月01日 12:22
おじちゃん♪、
毎回、いろいろな立場の方が参加して下さるようになり、嬉しく思います。

過去・現在・未来!それぞれに、想いが違い!だからこそ、サロンに参加することで 「恐れと言う、眼鏡を通して未来を見るのはやめよう。過剰な恐れは幸福に繋がらない」と、気づいてもらえる。

「ピントを合わせる視点を変え、何かに気付けば、目の前の介護風景が変わって見える」少しでも、心のゆとりを持ってもらえるのだと思います。
これからも、宜しくお願いします。
2016年05月16日 12:12
私も少しは考える力を持っています。この介護にはどんな意味があるのか考えました。
これを乗り越えれば、何が手に入るか考えました。私はできるだけ恐れと言う眼鏡を
通して未来を見るのはやめようと思いました。現実でない恐れもあると思ったのです。
それに備えることはできても、過剰な恐れは幸福にはつながりません。全てを自分の
プロセスとして捉え、前を見るしかないのです。心の平和を拒んでいるものの中には
真実ではない恐れもあるとわかっていても、恐れは際限なく襲ってきます。私でさえ、
心を閉ざし、自分を守ろうとしました。ときには攻撃という形をとってしまうことさえ
ありました。介護では、過去の習慣を見直し、新しい工夫が必要になるのでした。
人は感じるという能力も持っています。喜びの感性、愛しさの感性、それらを受け止め、
今という瞬間を永遠と感じられれば、人生はかけがえのないものになることもあります。
目の前にある苦しさが全てではないことを知り、その上で、自分はどうありたいのかを
考え、実践する。それが人に与えられている修行だと思うのです。
ピントを合わせる視点を変え、何かに気付けば、目の前の介護風景が変わって見える
こともあるのです。介護で大切なことは何なのか、介護者サロン熊谷ほっとたいむで
一緒に考えてゆきましょう。
Re: 平成28年5月14日(土)開催介護者サロン熊谷ほっとたいむ♪
【返信元】 平成28年3月12日(土)開催介護者サロン熊谷ほっとたいむ♪
2016年05月14日 10:37
只今、開催中です。
午後3時まで開催していますので、是非お越しください。
平成28年3月12日(土)開催介護者サロン熊谷ほっとたいむ♪
【返信元】 ご案内介護者サロン(熊谷ほっとたいむ)
2016年03月13日 15:59
今回は、11名の方にご参加頂きました。

介護には段階があります。
「うんちの世話が始まった時が!介護の始まり」と、介護経験者の方に言われ、今、その時がきたと、介護者の方が久しぶりに参加して下さいました。


「うんち」の管理って、とっても大切ですね。
便秘が続くと、発熱したり!食欲が無くなったり!機嫌が悪くなったり・・・

こんな実話があります。
いつもイライラしていて、夜中に徘徊していた原因は、便秘だった。

介護の段階段階で起こる悩み・・・昨日はうんちをテーマに話が盛り上がりました。

写真は、日頃の介護疲れをほぐしていただいています(*^^*)
参加者の皆さんです。
毎回、施設の方も参加してくださるようになりました(*^^*)
ありがとうございます♪
私もお世話になりました。
【返信元】 ご案内介護者サロン(熊谷ほっとたいむ)
2016年03月11日 10:32
介護は簡単と言えば、そうとも言えますが、実際には介護者にも、被介護者にも苦しく、
辛い面もあります。特に認知症の介護では、過去の常識が通用しなくなり、短い時間で
家族介護者は、柔軟に変わってゆかなければなりません。私は、7年半で介護を終わり
ましたが、失敗もあり、今でも介護について考え続けています。
それは、今後の自分自身を考えることでもあります。私は介護者として参加するように
なりましたが、今は介護経験者として参加しています。介護者は孤独になることもあり、
気持を負の連鎖に閉じ込めてしまうこともあります。介護の状況は様々で、基本は同じ
でも、対応は様々です。私は、介護に関わってきた人とのお話しが、自分なりの介護を
見つける助けになりました。介護者同士が話すだけでも気持が楽になることもあります。
ご案内介護者サロン(熊谷ほっとたいむ)
【返信元】 介護者サロン熊谷ほっとたいむの歩み
2016年03月07日 21:09
とき 平成28年3月12日(土)
   午前10時から午後3時まで
   (時間に区切りがないので、参加時間は自由)
ところ 緑化センター和室
    熊谷市役所の隣の中央公園内
   *駐車場は、市役所駐車場をご利用下さい。

連絡先 NPOくまがや 小林文夫
   TEL 090-9367-7631

私達、スタッフと一緒に^^ほっとする時間をお過ごしください。
お待ちしております。 
2016年1月9日(土)恒例!落語観賞会^^
【返信元】 介護者サロン熊谷ほっとたいむの歩み
2016年01月29日 12:48
早いもので、もう~1月が終わってしまいますが!9日(土)に開催致しました、介護者サロン&落語観賞会のお話です。


毎回、開催する度に、この会を続けてきて良かったと(*^-^*)感動を頂いております。


今回は、市報を見て@@介護者を卒業された方が「何か力になれれば」と、参加してくださいました。
その方は、リフレクソロジーの資格を取得された方で、介護者の方やスタッフにまで、肩のマッサージをして下さいました。

とっても、気持ち良かったです\(^^)/


誰もが、気軽に参加できる!誰かのためになれる^^それが、「熊谷ほっとたいむ」です。

ゆるゆるが、いいところです(*^-^*)

少しずつですが、市民の方に認知され、市民の方に支えられてきていることを実感しています。


今では、毎回、市報にも開催予定日を掲載していただいています。とても嬉しいことです^^


恒例の落語観賞会では、「噺家笑蔵」様と、「取締きせる」様が、素晴らしい落語を披露してくださいました。
ありがとうございましたm(__)m

心より感謝致します。


*次回開催日は、3月12日土曜日です。
市役所隣、中央公園内緑化センター和室
午前10時~午後3時まで開催しています。
みんなのサロンに(*^-^*)
【返信元】 介護者サロン熊谷ほっとたいむの歩み
2016年01月29日 11:36
この内容は、2015年7月12日に書いたブログです。


昨日の「介護者サロン熊谷ほっとたいむ」は、12名の方に参加していただきました。

サロン立ち上げから約四年半・・・私も、介護者となり、今は、主催者メンバー・介護職員・介護者としてサロンに参加しています。

介護の捉え方・環境・立場はひとそれぞれです。だからこそ!私自身、このサロンで学ぶことが沢山あります。

立ち上げ当時、今もそうですが、サロンの一番の目的は傾聴でした。
介護者の話を聞く。
つもり積もった想いを 吐き出してもらうことで、また!介護生活と向き合ってもらうこと。
そのための、セミナーも立正大学で開催しました。

次に、年に一回でも介護者の方に 安らぎの時間を過ごしてもらいたい。そんな想いから、恒例となりました、「年始め落語観賞会」を企画しました。


また、介護者の方同士、得意分野を情報交換することで、少しでも介護が楽になり^^介護で出来ない!してあげられない!などの悩みが解消できたらいいなと。


今年になって、特に思うのですが!サロンはもう~スタッフの力だけではなく!みんなのサロンとして歩き始めていると^^


昨日も、3月開催の時に、尺八の演奏に来てくださった須長様が、奥さまの介護の合間に訪れて演奏して下さいました♪

また、二十年以上にわたり奥さまの介護生活を続けていらっしゃる男性は、手の握力がなくなってしまった奥さまのために考案されたブザーをご持参してくださったり、趣味のカメラで、私たちスタッフの写真を撮ってくださいました。


介護生活を卒業し、スタッフとして参加していただいている水切り名人の森川(おじちゃん)のお話を楽しみに^^毎回、参加してくださる方々など・・・傾聴というよりも、会話が弾んでいるといった方がよいサロンになっています。

勿論!悩みを抱えている方の精神状態をしっかり受け止めながら。


何かを乗り越えたとき・・・また、乗り越えながらでも!人のために何かができる^^
それが、人の生きる力に繋がっているのかなぁ~
「介護者サロン熊谷ほっとたいむ」は、そんな場所^^

もう~みんなのサロンになってきているんだなと、実感しました。

*介護者サロン熊谷ほっとたいむは、同じ志を持つ人達で、完全ボランテォアで運営しています。
アットホームなゆるゆるなサロンです(*^-^*)
Re: 介護者サロン熊谷ほっとたいむの歩み
【返信元】 介護者サロン熊谷ほっとたいむの歩み
2016年01月16日 23:52
サロンは立ち上げ以来、何度か新聞やひまわりなどに、掲載していただいております。

昨年の落語鑑賞会も、埼玉新聞様に取材して戴きました。
Re[2]: 介護者サロン熊谷ほっとたいむの歩み
【返信元】 Re: 介護者サロン熊谷ほっとたいむの歩み
2016年01月12日 20:22
おじちゃん♪
あつcom には、おじちゃんの素晴らしい介護記録があります‼

あつcom がなければ、おじちゃんと、出会えなかったかもしれません。

なので!こちらでコミュニティを立ち上げました。

おじちゃんの、お話を多くの人に聞いていただきたいと思います。

そして、おじちゃんのように、介護を卒業された方が、スタッフとなり、一人でも多くの支えになれたら良いですね(*^-^*)
Re: 介護者サロン熊谷ほっとたいむの歩み
【返信元】 介護者サロン熊谷ほっとたいむの歩み
2016年01月12日 09:49
介護は準備のできていないまま、いきなり始まることが多いものです。
誰もが頑張って介護に取り組みますが、予想以上の精神力が必要です。
そして、介護にどっぷりはまってしまうほど、視野がせまくなり、考え方に
客観性がなくなることがあります。人は集中するほど、見つめたものしか
見えなくなります。そしてそれが拡大してしまいます。その中で負の連鎖に
巻き込まれてしまう場合もあります。私にもそんな時期がありました。
介護は、文章にしたり、誰かと話しをしたり、吐き出すことで、表現に
なります。表現には、自分以外の視点も必要ですから。その結果「どっぷり」
から抜け出せることもあります。私は、このあつcomのコミュ、介護の輪に
書き込むことで、気持を表現するようになり、自分の気持を冷静に振り返る
ことができるようになった気がします。
介護のあり方は様々です。介護する方もされる方も家庭の状況も様々ですが、
介護の孤独が負の連鎖を招きやすいのは確かです。私は7年半の介護生活
でしたが、介護が終わった今も介護について考えています。介護はそれほど
難しい精神労働でした。私は今も介護者サロン熊谷ほっとたいむに介護経験
者として参加しています。介護は、経験してみないとわからないと言います。
予想以上なのは、自分の気持の変化や、そのコントロール。介護される側の
心の変化です。私は介護の専門家や経験者と話す事が大きな力になりました。
介護で行き詰まることがありましたら、介護者サロン熊谷ほっとたいむに
お気軽にご参加下さい。お待ちしています。何かが変化するかも知れません。
Re: 介護者サロン熊谷ほっとたいむの歩み
【返信元】 介護者サロン熊谷ほっとたいむの歩み
2016年01月11日 22:52
開催場所は、中央公園内緑化センター和室(熊谷市役所隣)

開催時間は、午前10時~午後3時まで
      出入り自由
      お昼は持参!お弁当注文!OK

みんなで、おしゃべりしながらお昼を食べるのも楽しいですよ(*^-^*)

写真は、主なスタッフです\(^o^)/