荒川の水切り遊びの「熊谷水きり倶楽部会員募集」
「熊谷水きり倶楽部会員募集」の書込一覧です。
熊谷水きり倶楽部会員募集
【閲覧数】4,427
2008年05月14日 09:12
水切りはコミニュケーションツールとして
優れています。老若男女すぐに仲良しです。
素朴な遊びだからこそ共感があります。
一緒に遊んでくれる会員を募集しています。
練習を続けることことができれば、誰でも
上手になれます。
以下のURL、熊谷水きり倶楽部のHPから
連絡することができます。
http://www2.odn.ne.jp/~cdu32250/2taitoru/mizukiri.html

書き込み数は10件です。
[ 日付順 ] [ 投稿者順 ]
Re: 25日 楽しみにしています
【返信元】 25日 楽しみにしています
2010年06月20日 17:21
虹さん ありがとうございます。
今日は父の日。弟夫婦が来てくれました。
殿の表情はあまり変わりませんが。ご機嫌なのがわかります。
今日はあちらこちらで田植えをしています。
昔は手で植えていたのです。機械植えは嘘のように早いです。
昔、共同で田植えをし、休みに食べたおにぎりは旨かった…。
25日 楽しみにしています
【返信元】 熊谷水きり倶楽部会員募集
2010年06月20日 10:27
お久しぶりです。
お父様、暑くなったし、介護の方もさぞかしと、想像します。
うちの母も、元気なのに大分暑さがこたえるようです。
千葉と熊谷と。この距離をなんとかしないとと模索中です。
それにしても我が身も、体力不足を痛感。
若いときにもっと鍛錬しとけば良かった♪
元気に梅雨と夏を乗り切れますように。お互いに!

万吉の方は田んぼが綺麗でしょうね。農家の方は大変ですが。
いつも、心より、応援していますから。
熊谷水きり倶楽部
【返信元】 熊谷水きり倶楽部会員募集
2010年06月18日 09:14
2010年6月25日(金):夜10時~10時54分 テレビ東京の「タケシのニッポンのミカタ」で
熊谷水きり倶楽部が紹介されます。依存こそ幸せの鍵!?というテ−マです。
依存ゼロはむしろ危険な状態だが、深みにはまらず、ほどよく依存できる意外な方法を紹介。
また、今や人に依存するのにお金を払うのは当たり前!?最近流行っている有料で悩み事を
聞いてくれるサービスに寄せられる意外な相談や利用者の驚きの実態に迫るという内容のよう
です。どんな風に水切り遊びが紹介されるのかはわかりませんが、水切りの映像は録画済みです。
全国の水切り遊びの会
【返信元】 熊谷水きり倶楽部会員募集
2010年02月11日 11:06
何年か前から全国各地に水切りのサークルができはじめました。
現在、私の知っているサークルは熊谷水きり倶楽部を含めて三つです。

熊谷水きり倶楽部もそうですが、どの会も本格的に練習している
わけではなく、自由に水切りを楽しんでいるようです。
水切りの技
【返信元】 熊谷水きり倶楽部会員募集
2008年08月03日 11:48
水切りは自然現象で、なかなか思うようにはなりません。
それでも昔から色々な技があります、たとえば、ムカデ、
八艘飛び、海老などです。ムカデは、石を真直ぐジャンプ
させる事で、海老は、カーブさせて横にジャンプさせる事、
八艘飛びは、ジャンプさせた石を対岸まで飛ばす事です。
名前からもわかるように、かなり昔からある技のようです。
これらに加えて新しい技を開発しています。両手で投げたり、
股の間から後ろに投げたり、寝転んで投げることもできます。
高いジャンプをさせたり、小さな石を連続して投げたり、
数個の石を一度に投げてジャンプさせることもできます。
利き腕ではない方で投げるのは難しいですが、練習すると
できるようになるから不思議です。
技には楽しい名前をつけます。仲良しアヒル、追いかけっこ、
ハイジャンプ、オナラ、両手投げ、忍者投げ、逆さ投げ等が
あります。他に石が水を切る音を楽しむ方法もあります。
笑っているような音がするので天使の笑い声という名前を
つけてもらいました。昔遊びの多くは、こうして楽しみを
発見し、工夫することで、さらに楽しいものになります。
さらに前記のわざを発展させ、一度に6個の石まで投げる
ことができます。これを綺麗に揃えて投げられたら、
チューリップの花が開くような感じです。

最終的な技としては、チーム水切りです。
何人かでチームを組み、様々な技を組み合わせ、
良く演出された水きりをしてみたいものです。
一点を目指して一斉に投げたり、端から順番に
連続して投げるウエーブなどが考えられます。
チームは60歳以上のおじさんで構成します。
一瞬でも、見た人の価値観が変わるような
平和な演技にしたいものです。おほほ

写真は仲良しアヒルとオナラ、両手投げです。
水切りのお稽古
【返信元】 熊谷水きり倶楽部会員募集
2008年07月03日 20:06
1週間ぶりに水切りの練習に行きました。
年齢の為か、全力で投げると石の入水角度が
安定しません。体もふらつきます。
水切りは簡単ですが、失敗をなくすのは難しいです。
一つ一つ違う石を、その石に合った角度で適切な
位置に投げ込むのがとても難しいのです。
おじちゃんは61才になりました。これからは
あまり力を入れない、年寄りらしい投げ方を
探してゆこうと思います。
水切りはすぐに上手にはなるのですが、短い期間
では、理想の水切りに近付けません。
若い人に引き継いでもらいたいと思います。
もし、水切りを何代もつないでゆけたら、
水切りはもっと素敵になるに違いありません。
熊谷市民でじっくり水切りに取り組める人はいない
ものでしょうか。
人は石を投げるだけでも楽しめる
【返信元】 熊谷水きり倶楽部会員募集
2008年06月25日 10:07
 近代の科学技術は快適を求め、自然を資源として発展してきました。世界は大量消費時代に入り、ビジネスは利益を求めて国境を超え、あらゆるものを移動させます。その結果、私たちは身近な環境に対する配慮を忘れたのかも知れません。まるで、便利と言う麻薬の中毒患者のようです。結果、放射能、科学物質、遺伝子操作などによる汚染が未知の殺人者として静かに忍び寄っています。これは人類自身の目先の欲望が作り出した新しい地獄です。私たちは自然の大きな安定に背を向け、社会は進歩の名のもと、ガラスのようにもろい豊かさを選択したのです。
 社会は有機体的に進化しています。個人の選択は限られ、闇雲に社会の流れに追従するしかないようにさえ見えます。今や世界は権利と蓄財の戦国時代の様相です。国際資本は利益を求め、無秩序に世界を駆け巡り、富の偏りは限界を超えています。そのようなシステムの中で生きる私たちは、貨幣に象徴される仮想の現実に依存しています。知識は細分化、専門化され、過剰な情報を整理できません。結果、共有すべき社会の規範や価値は混乱し、個人はシステムの一部となり、自立した倫理や道徳的な感性を弱めているように見えます。今や私たちは豊かさへの後ろめたさを忘れ、偽装を重ね、消費者であるときだけ輝くかのようです。
 人が生物として認知できる世界は限られています。これを超えた社会の複雑化は個人と世界の調和を乱し、不安や疎外感を助長させています。そこで、私たち人間も生態系の一員であり、単純化した自然観を真実として見直し、自然の神秘性に救いを求める態度が見直されています。自然は、私たち人間が自らの限界を知ったとき真に合理性を得るのです。自然の力はすべての始まりです。知性の限界を知った私たちは、自然と共生の道を選択するでしょう。そのとき、自然の実体験がより良い感性を育て、選択、発想、社会規範を支える本来の力を取り戻すでしょう。人の意識は自然から目覚めたものなのです。進化は自然と共になければなりません。人も動物です。他の動物のように自然と共に歩めないことはないはずです。自然を利用し尽くすばかりに、人間独自の文化を創ってきた私たちの歴史がこれからも続くには、ラッキーな偶然の積み重ねに期待しなければならないでしょう。
 未来はいつも新しい冒険です。子どもたちはさらに自然から学び、社会の規範や自分自身を見直し、人と万象の調和した新しい文明の創造に成功しなければなりません。自然は健康的な好奇心を育て、より良い未来を創造するための本質的な知恵や感性を取り戻す場所になるでしょう。それが社会の矛盾や間違いを正す原動力になるのではないでしょうか?。 
 熊谷水きり倶楽部は、このような願いから、この遊びを多くの人が楽しんで欲しいと願います。自然には楽しいことがいっぱいです。子どもたちがこの遊びを体験することで、自然に対する興味や発見のきっかけになることを願います。
 水切り遊びはネイチャーゲームです。自然と自分の調和を探し、それを楽しむ遊びです。水面、石、天候、そして人、すべてが調和したときだけ美しい波紋を見る事ができます。本来、私たちはそれを楽しむことのできる感性を持っています。人は石を投げるだけでも楽しめるのです。
熊谷水きり倶楽部新会員
【返信元】 熊谷水きり倶楽部会員募集
2008年06月17日 08:02
最近2名の美人女性が会員になりました。
現在、4名の女性会員がいますが、
水切り遊びは、石の選び方しだいで
女性も男性と同じような水切りが可能です。
投げる力が強いほど水切りは難しいのです。
むしろ、青年の力強い波紋より、子どもや女性の
ヒヨコの小走りのような可愛い波紋の方が
何倍も素敵だとおじちゃんは思います。
Re[2]: 熊谷水きり倶楽部会員募集
【返信元】 Re: 熊谷水きり倶楽部会員募集
2008年05月24日 21:40
なぜ、水切り遊びが楽しいか考えました。
おそらく、離れた地点に変化を生じさせる快感かと
思います。これは自己の拡大を意味します。
人は魚のように泳げません。鳥のように飛べません。
馬のように走れません。でも、何かを投げるのは
得意です。この投てき能力は、やがて弓矢へと
発展したでしょう。そう考えると、この物を投げる
能力が人の文化や精神に及ぼした影響は小さくない
ような気がします。
古代人の一人が二本足で立ち、水面に石を投げました。
石が連続して跳ねるのを発見したとき水切り遊びは
小さな文化になりました。誰かが「おおー」と声を出し
たかも知れません。
「うひょひょ」と笑ったかも知れません。
水切り遊びは、そのときのまま何も変わっていません。
いわば、遊びのシーラカンスです。
Re: 熊谷水きり倶楽部会員募集
【返信元】 熊谷水きり倶楽部会員募集
2008年05月21日 20:12
水切り遊びは、スポーツマン的な体力や、自然を読む
特別な頭脳も必要ありません。
おそらく科学的に水切り現象のすべてを解明すること
は不可能でしょう。それを解明できるのは、誰もが
持っている感性です。
感性は、体と共に水切りの全体をつかみます。
努力しなくても、好奇心にしたがって遊んでいるだけ
で、いつの間にか世界記録を超えたと思われる波紋が
出るようになってしまいます。
人は感性という野性の知恵で生きているのかも知れません。