■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://kumacom.jp/blog/blog.php?key=18324
2015年10月16日(金) 
今日は、自宅でくつろいでいる時にラクナ梗塞で倒れて、救急車で日赤に運ばれてから1週間。今日は、かかりつけの姫路医療センターで2度目の精密検査をしました。この間、前半はほとんど自宅を出ることもなくひたすら静養。ほぼアルコールを断って、ただただ体調が戻ることを祈る1週間でした。

すでにMRIまで終わっているので、今朝は抗凝血剤のリクシアナ(60mg)が効いて、全体がどのような状態になっているかの採血、突然死の原因のひとつ「肺栓塞」が懸念されるので、病巣があるかどうかを確認するための「RI(ラジオアイソトープ)検査」、そして診察という流れでした。

RI検査というのは、微量の放射性同位元素で目印を付けた薬を体内に投与して(軽く被爆します)、集まった臓器から出る放射線をCTで測定して集まり方や分布を画像にする検査です。これが長くて、CT室に横になってから1時間半もかかりました。

まず仰向けに寝て、点滴で試薬を半分いれます。そして残りの半分をうつぶせでいれてセットOK。試薬を身体全体にまんべんなくまわしておいてからCTに半身を埋め、動かずにじっと照射されながら待つこと30分。これで終わりかと思うと、10分間休憩してさらに30分。終了した後、壁の時計を見てびっくりしました。きっと眠っていて、記憶がないからでしょうね。

RI検査の結果は、(専門医の所見を受ける必要があるが)99%肺栓塞は起こっていないとの診断でした..よかったです!。血液検査の結果も、投薬の効果もあって、血液凝固因子の「Dダイマー」も平常値に収まり、その他の指標も大きく問題になるものはありませんでした。cPo2も驚きの97%。先週、86%しかなかったのがウソのような数字でした。

ただ、身体が悪かったのは現実です。その原因が潜んでいてはいけないので、年内は、10日くらいおきに採血と診察をうけて、「腸エコー」や「胃カメラ」などの検査を行って要因を調べてもらう予定です。まずはひと安心ですが、しばらくは体調に注意しながら用心しなくては。

ご心配をお掛けして申し訳ありませんでした。

閲覧数1,145 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2015/10/16 15:30
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2015/10/16 19:46
    さん
    しばらくインしていなかったのでそれほどまでに大変な事になっていたとは知りませんでした。すみません。
    お大事にご静養なさって下さい。
    次項有
  • 2015/10/17 15:23
    > 英さん

    お見舞い大変ありがとうございます。
    しばらくは無理せず、体調を戻していきます。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
    ※画像に表示されている文字を入力してください。
■プロフィール
こたつねこさん
[一言]
地域を元気にする情報化に貢献したい♪
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み